日本で最も使われている取引業者

銀行などの金融サービスを利用するとき、もちろんサービスの内容も気になります。でもお金を扱うのであればより安心できるところを選びたいでしょう。仮想通貨においては、どの業者が最もよく使われているかですが、bitFlyerは日本で最も使われている業者として知られています。取引量であったりユーザー数、資本金なども最も多くなっています。大手金融機関が出資をしていることも知られていて、万が一の時の心配が少なくなります。中小であまり資本の充実していない会社となると何かあったときに不安に感じますが、資本金も多くて大手の後ろ盾があれば安心しやすくなります。

実店舗での支払いツールとして利用

仮想通貨は、インターネット上で認識されている価値です。実際には存在しません。ただ、日本円から交換などができ、海外などでは実店舗での買い物時の支払いに使えるようになっています。ただ持っていればよさそうですが、支払い時には一定の仕組みを利用しないといけない場合があります。bitFlyerは支払いの仕組みを提供しているため、口座などを持っているとその仕組みが利用しやすくなります。逆に口座を持っていないと支払いに使えない可能性も出てきます。実店舗での支払いが増えてくれば、システムを多く提供しているところの方が使いやすいと言えます。

何らかのトラブルがあったときの補償が充実

銀行などで何らかのトラブルがあったとき、銀行が一定の補償をしてくれる時があります。クレジットカード等でも補償サービスを持っているところと持っていないところがあり、万が一の時には補償サービスの有無が利便性にい影響することもあります。仮想通貨に関しては、徐々に法整備が調いだしているので、まだまだ業者の対応もまちまちです。bitFlyerに関しては、他社に先駆けて補償制度を用意してくれています。不正ログインで盗まれた時に一定額まで補償してもらえるようになっています。もちろん条件などを満たす必要がありますが、他社より安心して使えると言えます。

まとめ

仮想通貨を利用する上で必要になるのが取引などを行う業者の利用です。bitFlyerは日本で最も使われている業者で、資本金が多く、大手金融機関が出資をしています。経営が安心しているので、万が一を考える必要が少なくなります。

公式サイトをチェック