仮想通貨取引を行う前の基礎知識

仮想通貨取引を行う前に知っておきたい基礎知識として挙げられるのが、販売所と取引所の違いです。一般的に販売所は仮想通貨を販売しているところから仮想通貨を購入したり売却したりすることが可能で、いつでも提示されている価格で購入することができます。ただし基本的に手数料が上乗せされて価格に反映されており、手数料として購入金額と売却金額の差であるスプレッドが設定されており、販売所ごとに大きな差があることがあります。次に取引所ですが、売りたい人と買いたい人の仲介を行う場所で、販売所に比べると安価な価格で購入できるのが特徴です。ただし自身が購入したい金額での売却がなければいつまでたっても購入できないことがあります。

Zaifの特徴などについて知る

仮想通貨取引業者であるZaifの特徴として、取引所としても販売所としても利用できるのが大きな特徴です。すぐに購入したい場合は販売所で購入し、自身が希望する価格で購入や売却を行いたい場合は取引所で手続きを行うと言ったように、自身の目的に合わせて選択することが可能です。また最大の特徴としてトークンと呼ばれる仮想通貨を購入できる点にあります。これは各企業などが独自に発行した株式のようなもので、一般的な仮想通貨に比べると遥かに安価な価格で購入することができるので、初めて取引を行う人でも安心して取引を行うことができます。また発行している企業はトークンを利用して資金調達を行うこともできるので、その企業を応援したいという意味で購入を行うこともできます。

取引を行う際に気をつけたいポイント

このようにZaifで取引を行う上で得られるメリットや特徴は数多く存在しますが、気をつけたいポイントも存在します。まず他の販売所に比べてトークンは豊富な種類が存在しますが、一般的な仮想通貨の取扱数は決して多くありません。そのため場合によっては他の取引所なども併用するとよいでしょう。また利用者数が非常に多いため、取引数が極端に増大するとサーバー-が止まってしまい、取引注文が行えないことも場合によってはあります。そのため失敗リスクをできるだけ下げたいのであれば、細かく利益確定売りを行ったり、注文時に逆指値であるリミット設定などを行っておくことも重要です。

まとめ

現在仮想通貨は非常に値動きが激しいため、大きな利益が得られる一方で大きな損失が出てしまう危険性も孕んでいます。そのため売買を行う場合は、Zaifの口座以外にも複数の口座を開設し、分散投資で運用することをお勧めします。

公式サイトをチェック