国が発行する法定通貨とは異なり、仮想通貨はインターネット上での取引のみとなりますので、これからますます、世界中に広まっていくと考えられます。中には法定通貨よりも価値を持つ場合もあるため、規制される心配があります。

代表的なビットコインから爆発的に増えた通貨

正体不明のナカモトサトシなる人物が考案したのが、こうした通貨が実際に使えるのだと世界を驚かせるに至ったビットコインであることは間違いなしです。その後、さらにナカモトサトシ氏が考える完成形にさらに近づいた、ビットコインキャッシュが生まれるなど、仮想通貨の広まりは目覚ましいものがあります。さらに、ビットコインの仕組みはすべての通貨に当てはまりますので、さまざまな種類ができています。そのため、ビットコイン以外の通貨を総称してアルトコインと呼んでひとまとめにしているくらいですから、人気の高まりがここからもわかります。

今後どうなっていくのかが気になる

いつ何時、法定通貨が紙くずになるかわからない財政状況にある国では、世界中で使える仮想通貨の方が価値があるという場合も多くあります。財政状況の悪い国に住んでいる人は、むしろ法定通貨を仮想通貨に替えておいた方が、安心とさえ感じているほどです。世界中の人たちが利用する大手インターネットショッピングサイトでも、仮想通貨による決済を新たに導入するなど、使える機会はどんどん増えてきています。さらに、通貨の種類が増えたことによる投資のチャンスも増加しています。1円から200万円以上の値段になったビットコインへの投資は遅きに失したとしても、第二のビットコインを探すことはできるからです。

心配なのは将来的に規制が起こるかということ

国がデフォルトに陥ったとしても、仮想通貨に換金していたら安心ですし、買い物の決済にも使えて便利ですが、世界中で使えるとはいえ、絶対的な制限は存在しないといっていいでしょう。それというのも、仮想通貨の利用者は互いに不正を見張るシステムになっているからで、取引において監視する場を必要としないからです。そうなると、世界の国それぞれの判断によって、仮想通貨の取り扱いそのものを禁止、または制限するという規制が発動される可能性は大いにあります。すでに、所持するのは自由だけれど、国内での使用は禁止という国があったり、持つことそのものを禁止する国も出てきています。

まとめ

投資に決済手段にと、世界中で広まりを見せる仮想通貨ですが、値動きが荒いこともあって国によっては禁止もしくは規制をすでに行っています。今後、仮想通貨がどのような動きをするかによって、将来さらに規制が進む可能性はあるでしょう。