仮想通貨を利用するときは、メリットとデメリットを理解しておきましょう。新しい投資手段として注目されていますが、まだまだ誰もが簡単に利用できる状態ではありません。種類が多いのがいい点でも悪い点でもあります。

大きく儲けられるかもしれないし損の可能性もある

外貨を持つ理由として、海外旅行などで支払いに使うなどがあります。でも日本で持つときにはあまり意味がないかもしれません。日本で外貨を持つときは、投資目的で持ちます。上がれば資産を増やせますが、下がれば資産が減ります。仮想通貨を持つメリットとして、将来的に資産が増やせる可能性があります。話題性が高く、これから利用者が増えればどんどん資産が増えるかもしれません。デメリットとして、相場が下がって損をする可能性があります。今の状態がバブルであれば、適正価値まで下がる可能性があります。利益が得られるかもしれなければ損をする可能性も持っています。

新しい資産でありながら不透明部分が多い

投資家は、常に新しい投資先を探しています。株式や債券、外貨、不動産などいろいろ将来性がある資産に対して投資をしています。それまで価値のなかったものでも、評価が上ってくれば投資先として選ぶかもしれません。仮想通貨のメリットは、新しい投資資産としての魅力でしょう。価値が付き始めたのが最近なので、これからどんどん広まる可能性があります。一方でメリットとして、利用に不透明な部分が多いことが挙げられます。国などが管理をしているわけではないので、損失が生じた時の責任がどこが負うなどもわかりません。規制がないのがいい面でもあり悪い面でもあります。

選択肢は広がるが何を選んでいいかわからない

株式投資や外貨投資をするとき、いろいろな銘柄や通貨があるとそれだけ選択肢が増えます。その中から最適なものを選ぶことができます。仮想通貨のメリットとしては、 種類が多いのでその中から選べる点があります。最も流通しているものの他、これからどんどん伸びそうなものを選ぶこともできます。一方でメリットとしては、種類が多すぎて選べない点もあります。多くの初心者は最も流通している物を利用しているようですが、それ以外にもいいものがあるかもしれません。いいものがあっても取引する手段がなければ持つことができません。利用のしやすさに課題が残ります。

まとめ

仮想通貨にはメリットとデメリットがあります。相場があるため資産を増やせる可能性があるものの、下がって損をする可能性もあります。非常に多くの種類があるのはいいですが、何を選んでいいのかわからないのは問題です。