急騰を続け、大儲けしたという話も耳にする仮想通貨は、これから取引をしたいと考えている人にとって、知らないことも多い存在です。特に、実体のない通貨なのに盗まれることがあるという点が気にかかるという人は多いでしょう。

仮想の通貨なのになぜ盗まれるのか

仮想通貨は、文字通り仮想の通貨のため実体がないところが特徴です。法定通貨のように、紙幣があり、硬貨があって、実際に受け渡しをして決済や投資をするというわけではないのです。そもそも仮想通貨とは、インターネット上でのみ取引ができる通貨であり、そのために専門の取引所があります。インターネットやスマートフォンなどで、取引所に口座を開設し、仮想通貨を保管しておくというのが、いわゆる銀行口座にお金を預けるのと同じ意味合いとなります。ただ、銀行口座に預けたお金が盗まれるということはめったにないのに対し、仮想通貨の場合、それが比較的多く発生します。それには理由があります。

取引所から盗まれるケースが多い

仮想通貨は、自分のパソコンやスマートフォンにも保管することができますが、もしこれらの媒体が故障してしまうと、一切の取引ができなくなってしまうというデメリットがあります。そのため、取引所に保管するという選択を採る人が多いのですが、ここで注意しなければならないのが、取引所で保管していたはずの仮想通貨が盗まれる事態です。本来、しっかり管理してくれていないといけないはずの取引所からなぜ盗まれるかと言えば、取引所のパスワードの紛失により、ハッカーにハッキングされてしまうためです。パスワードがわかってしまえば、簡単に盗まれてしまいます。

ハッキングへの対策はどうすべきか

ハッキングによって取引所に預けていた仮想通貨が盗まれるのは、珍しいことではありません。もし、取引所に入るためのパスワードを一つだけにしているとしたら、リスクはかなり高いと言えるでしょう。ハッカーの手口は巧妙かつ、日々進化していますので、早急な対策を講じなければ、簡単に盗まれてしまいます。対策方法として有効なのは、取引所に登録したら二段階認証をしておくことです。仮想通貨が盗まれたケースでは、ほとんどがこの二段階認証をしていなかったことが分かっていますので、これをするだけでかなり防御率が上がると考えられます。

まとめ

仮想通貨を取引所に預けておいた場合、盗難のリスクがどのくらいあるかが気になるところです。パスワード設定を一つだけにしておくと、盗まれるリスクは格段に上がりますので、必ず二段階認証の設定をしてから、取引所を保管場所にすることが大事です。