ビットコインを所有したり実際に使う人が増えてきて、一般的になってきています。価格が急騰して儲けたという話をテレビニュースで目にする機会もあるでしょう。投資対象として興味はあるけれども、詐欺にあってしまうのではないかと心配な方のために、通貨や取引所のリスクについて考察します。

仮想通貨の信頼性とはどんなところか

主流となっているビットコインは、ブロックチェーン技術の採用によって、取引利益を分散記録します。改ざんや盗用などの不正取引がしにくい仕組みであり、マネーロンダリング対策にもなります。セキュリティ面が強固であり、通貨として信用できるため、多くの人が価値を認めた結果、広く使われるようになったという具合いです。一方、仮想通貨にはビットコイン以外にも多数のものがあり、アルトコインと総称されます。ビットコインに採用されているブロックチェーンを改良したり、計算アルゴリズムを変えたりして、欠点を改善したり新たな仕様を追加して独自性を出しています。通貨としての信頼性も、ビットコイン同様にありますので、いくつかのアルトコインは、メジャーな取引所でも取り扱われています。

取引所を介さない業者に注意が必要である

仮想通貨は、既存のブロックチェーンの仕組みを流用することで容易に作り出すことができます。これを独自トークンと呼び、見かけ上はメジャーな仮想通貨と同じように使うことが可能です。独自のブロックチェーンを持たずに間借りしていますので、いわゆるショッピングでもらえるポイント形式のタイプと言えます。知識のない方にセミナーなどの勧誘行為で、価値のない仮想通貨を売りつける悪徳業者がいますので注意が必要です。取引所で扱っていませんので、流動性のある市場で適正に売り買いできないので危険な通貨であると言えます。広く知れ渡る手段を持たないので、価格を上昇させることがありませんので注意してください。

取引所でも危ないケースがあります

取引所が運用しているサーバーが脆弱ですと、不正アタックによってハッキングされてしまう可能性があります。また、取引所の会社としての経営状況が悪いと、倒産リスクが高まり預けている資金が危うくなるなどのリスクがあります。過去には、マウントゴックス社のような、不正処理によって預けていたビットコインが消失するなどの被害の会う事例があるくらいですので、ひとつの取引所に全ての資金を集約するのは危険であることに留意してください。対策としては、複数の取引所に資金を分散したり、ウォレットを別に作成して保管する等の方策があります。

まとめ

話題の仮想通貨に興味があるけれども、新しい投資対象であり詐欺にあったり、損失を被るのではないかと不安な方のために、仮想通貨の信頼性に触れた後、詐欺事例や取引リスクなどの仕組みをみてきました。仮想通貨のリスクと取引所リスクは分けて考えることをお勧めします。