仮想通貨の取引所は非常にたくさんあり、実際に小さい業者などが日々潰れると言われています。大手なら大丈夫かですが、中小よりはリスクが低い程度で全く安心できるわけではありません。倒産の時のための対策が必要です。

多くの取引所が存在することを知っておく

仮想通貨は話題になっているものの、日本ではまだまだなじみがないかもしれません。それは支払いとして使えるお店などが少ないからでしょう。今は投資目的などで保有する人が多いとされています。持ち方としては、自分で保管するウォレットに持つ方法と、取引所などの業者の口座に保管する方法があります。業者の口座に保管しているときにその業者が潰れると、基本的にはその資産はなくなります。まずは業者が多く存在することを知る必要があります。有名な業者しか知られていませんが、無名の業者もたくさん存在し、実際に倒産をしています。実情を把握する必要があります。

大手だから安全とは言い切れない

仮想通貨を購入したりするとき、取引所や販売所を利用します。自分自身の資産はウォレットの中に保管もできますが、最初は取引所などで取引をしてからウォレットに移します。ただ、面倒と考える人はウォレットに移さない人もいます。投資目的で保有する人も、業者の口座に入れている人が多いです。気になるのは業者が潰れる可動かですが、大手だから安心できるわけではないことを知っておきましょう。一般的な銀行は、実際にお金などがありそれをコンピュータ上でやり取りできるようにしています。一方仮想通貨は、コンピュータ上しかデータがないので、ハッキングされればおしまいです。

大手を利用するときも分散するのが良い

仮想通貨を安全に保管するのであれば、自分のウォレットに移すようにします。大手と言っても、業者は潰れる可能性があるからです。セキュリティが万全であったとしても、ちょっとしたすきにハッキングされればそれですべてを失います。利用者からすると、分散して保有するのが良いと言えます。株式投資をするときに分散投資をしますが、それは個別の株式が倒産をしても資産を一気に失わないためです。同様に複数の取引所で資産を保管するようにしましょう。大手の業者が一度に一気にハッキングされる可能性は低いでしょう。倒産してもすべてを失わなくて済みます。

まとめ

仮想通貨を利用する上では取引所などの業者の存在が気になります。潰れるかどうかは、大手だから安全なわけではないことを知っておきましょう。個人として倒産に備えるなら、複数の業者に分散して保有するなどがあります。