仮想通貨の保管方法としては大きく3つの方法があります。よく知られているのは、ネット上に保管をしてどこからでも使えるようにする方法です。特定のパソコンからのみ使う方法、紙に出力してその情報を元に使う方法などがあります。

インターネット上の仕組みを利用する

お金をそのまま自宅の金庫に入れている人は少ないでしょう。必要な分だけ財布に入れ、後は銀行に預けているはずです。銀行の残高などはインターネットでそれぞれの口座を見れば知ることができます。では仮想通貨の保管方法はどうするかです。元々硬貨や紙幣などは存在しないので、それらに変えて金庫などで保管するなどはできません。よく利用されるのは、インターネット上のウォレットサービスがあります。インターネット上にウォレットを作り、パスワードなどを入力して自分のウォレットの残高などをチェックします。パソコンの他スマホなどでも自由に扱えるので便利です。

インターネットに接続せずにデータを守る

インターネットに接続する環境であれば、必ず必要になるのがセキュリティソフトです。何らかの形で一定の脅威があるとされ、ウイルスを送られたり、情報を抜き取られる可能性があります。知らないうちにされるので、防御するにはセキュリティソフトを使うしかありません。仮想通貨はインターネット上で使う価値ですが、インターネットが接続できるところに保管をしていると心配かもしれません。保管方法として、インターネットに接続せずに行う方法を利用します。パソコンやスマホに仕組みをインストールしたり、USBメモリなどにインストールします。接続している時だけ使えます。

紙で保管する方法とはどんなものか

仮想通貨の保管方法として、インターネット上に保管をしたり、自分のパソコンに直接インストールする方法があります。インターネット上なら、ハッキングなどで見られてしまう可能性があります。パソコンなどにインストールした時は、パソコンそのものを盗まれれば通貨も失う可能性が出てきます。そこで、ペーパーウォレットを使って保管する方法があります。これは、アドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管する方法です。ネットワーク上にもパソコンンもそれらの情報を残さないため、ハッキングされることなく、パソコンを盗まれても悪用されません。紙の劣化に注意しないといけません。

まとめ

仮想通貨は硬貨や紙幣などとして存在しません。保管方法としては、ウォレットを使うための鍵をどこに保管するかになります。ネットワーク上に保管をしたり、クライアントに保管する方法、紙に打ち出して保管する方法もあります。