実際に、この手で触れられるわけではない仮想通貨は、危険な物というイメージを持っている人も少なくありません。その反面、仮想通貨で大金を得たという人の話も聞こえてきて、堅実に利益を得る方法がないものかと気になってしまいます。

投資である以上、リスクはつきもの

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、さまざまな要因によって暴落したかと思えば急騰するを繰り返すリスク投資です。リスクがあるがゆえにリターンも大きくなるのですが、これから投資を始めようとする場合は、できるだけリスクは小さいほうがいいと考えるのが人情です。そのため、できるだけ堅実な方法で利益確定をしていくのがおススメですが、これは株式投資や外国為替証拠金取引などでも、初心者には当てはまる法則です。ただ、仮想通貨ではどのようにしたらいいのかがわからないという人も多いでしょう。一言でいうならば、安く買って高く売ることです。

人間の心理との戦いが始まるのが投資の常

安く買って高く売るのは、どんな投資においても基本です。株式投資にしてもそうですし、外国為替証拠金取引にしても同じです。ただ、人間の心理というのは厄介なもので、値上がりしてきたら、もっと上がるかもしれないという気持ちになってしまいます。堅実に利益を得るために、5000円上がったら売ろうと決めていたとします。最初のうちはリスクが怖いあまり、堅実に5000円で確定し、それが積み重なって喜んでいたものの、5000円で利益確定したのち、はるかに上回る値段にまであがっていったとします。その時、たいていの人が早く売って損をしてしまったと感じてしまうのです。

値上がりを待つことが損を招くことにつながる

安く買って高く売るのが基本とはいえ、買ったとたんに値下がりするということもあります。こうなると、再び値上がりするのをじっと待つしかありません。もし、堅実に5000円の利益が出た時点で売っていたら、値下がりで身動きが取れなくなることはなかったかもしれませんが、もっとと思ったばかりに身動きできなくなってしまったのです。5000円を大きく上回る値上がりしたという結果を経験すると、どうしても利益確定のラインを上げてしまうものです。リターンは大きくなりますが、値下がりでどうにもならなくなるリスクも大きくなります。仮想通貨での取引を始めるにあたっては、これで満足するべしという気持ちを常に意識し、堅実な取引をすることで利益の積み重ねを狙うのがいいでしょう。

まとめ

取引の経験値が上がって来たら、利益確定のラインを高く設定するのもいいでしょう。ですが、初心者や、仮想通貨取引は初めてという人であれば、買った値段よりも値上がりし、利益が出たら堅実に利益確定をする期間を設けるのが大事です。