たったの1円から、急騰と暴落を繰り返しながら、200万円を超える値段を付けた仮想通貨があります。それが、仮想通貨の先駆けともいえるビットコインです。今ではさまざまな通貨が追随していますが、どのような特徴を持っているのかは、まだまだ知られていません。

先駆け仮想通貨の持つ斬新な特徴とは

仮想通貨=ビットコインというイメージが定着している理由は、ほぼすべての仮想通貨がビットコインの仕組みを踏襲しているからでしょう。通常、通貨が発行されるには発行場所が存在し、さらには通貨の取引を監視する部門が存在します。日本円は日本政府が発行し、監視については金融庁が行っています。けれど、仮想通貨には発行元もなければ監視場所もないのが大きな特徴です。仮想通貨を取り扱う人たちはネットワークでつながれており、すべてのデータを見ることができます。誰がどんな取引をしたかをすべての参加者にオープンにすることで、参加者同士が見張り役になるというわけです。

これまでになかった安全性と新たに生まれたリスク

仮想通貨取引をする人すべてに、取引内容のデータが全公開されるという仕組みは、法定通貨にはありえないメリットといえます。このメリットを最大限に生かしたところが、仮想通貨取引の画期的な点と言えるでしょう。一方で、実態を持たない通貨であることが、法定通貨にはない新たなリスクも生み出しています。それが、ある日突然、持っていたはずの通貨が消えてなくなってしまうことです。その原因には、人為的なものと取引所が関係するものとがあります。人為的なものとして考えられるのは、仮想通貨をしまっておくウォレットが機能不全に陥ることです。

自分自身の管理と取引所での対策

ウォレットはパソコンやスマートフォンにインストールして使いますが、インターネット接続の媒体が壊れた場合、取引ができなくなるばかりか、通貨そのものを失ってしまう恐れがあります。また、秘密鍵やパスフレーズの紛失、さらにはウイルス感染によっても、通貨を失ってしまうことがあります。そのため、取引所に保管しておいた方が安全なのではないかと思われますが、こちらにもリスクはあります。株のほふりやFXの信託銀行のような存在がなく、取引所そのものにリスクがあるところが最大のネックです。リスク要因は、取引所の倒産、ハッキングによる仮想通貨の盗難、さらには取引所そのものが預けられている通貨を盗むこともありますので、ビットコインをどのように保管するかを考えてから、取引に乗り出すのがいいでしょう。

まとめ

1円が200万円以上になるという急騰から、一躍注目されるようになったビットコインの特徴を知ると、取引がしたくなってきます。けれど、ある日突然通貨をすべて失うというリスクもあるため、じっくり検討してから始めるのが重要です。