れっきとした独立国が発行する法定通貨よりも、インターネット上の仮想通貨の方が安全だとされる国もあります。法定通貨が何よりも安心と思いがちですが、何らかの理由により、一瞬にしてその価値を失うことがあるのも事実です。

仮想通貨が広まった理由は用途の多さ

仮想通貨の代表選手ともいえるのが、ナカモトサトシなる人物が考案したビットコインです。インターネット上で取引をするのが特徴の通貨ですので、世界中、どこの人に対しても送金ができます。さらに、送金にかかる手数料が破格の安さであること、スピードが速いことなどに利便性を覚えた人が、どんどん利用するようになってきました。また、投資対象としての妙味もあり、1円からスタートしたビットコインの値段が200万円を超えたことは、仮想通貨のことを少しでも知っている人なら、周知の事実でしょう。株やFXとは違う新たな投資方法が、ビットコインの誕生と共に生まれたわけです。

取引するにつれて生まれてきた弊害

急騰するビットコインを見て、取引に参入する人が増えるに従い、問題点や弊害も生まれてきました。仮想通貨というのは、ブロックと呼ばれる塊がつながり、ブロックチェーンを構築して取引を行うのが特徴ですが、ビットコインの場合、1ブロックの容量が1メガバイトと決まっています。人気の高まりから取引をする人が増えたため、ビットコインの1ブロック1メガバイトの容量では、送金スピードが落ちるといった弊害が出始めました。そこで新たに生まれたのが、ビットコインの8倍の容量を持つビットコインキャッシュです。当然、取引のスピードはあがりますので、ビットコインからの乗り換え者が多数出ました。

ビットコインを上回る特徴が生み出すリスク

ビットコインからビットコインキャッシュへ乗り換える人が増えたため、ビットコインの急落とキャッシュの急騰という事態が起こりました。今後も、せっかく取引をするなら容量が多く、上昇が見込めるビットコインキャッシュにしようと考える人が大半でしょう。確かに利益を得るチャンスはビットコインよりも大きいかもしれませんが、参加者が増えれば増えるほど、急騰の一方で暴落のリスクも高まります。実際、ビットコインは急騰と暴落の繰り返しで値上がりしてきましたので、暴落のリスクに心が耐えられるかどうかが、最大のリスクといえるかもしれません。

まとめ

これから仮想通貨で資産運用をしたいなら、よりチャンスの多いビットコインキャッシュでという人が多いでしょう。けれど、参加者が増えるに伴い、急騰への期待には暴落のリスクが付きまとうことを肝に銘じる必要があります。