ビットコインの目を瞠る価格の急騰に続けとばかりに新しい仮想通貨が次々に誕生しています。仮想通貨=ビットコインと思い込んでいる人も多い中、どのような仮想通貨があり、今後有望視されているのはどれかが気になります。

第二のビットコインとの呼び声高い通貨

1円から200万円以上になったビットコインの急騰ぶりは、投資に関心のない人でも驚く話題ですが、すでに追随する通貨は存在しています。今や世界に1000種類以上あるとされる仮想通貨で取引をして勝ち組になるには、どの通貨で取引をするのかがもっとも重要なのはいうまでもありません。そんな中、第二のビットコインと呼び声高いのが、ライトコインです。ライトコインという名前はまだまだ知名度が低いものの、アルトコインの先駆けとして、仮想通貨取引に関心を持っている人にはよく知られている存在です。その特徴に、送金スピードの速さが挙げられます。

ビットコインとの比較でよりわかりやすく

仮想通貨の先駆けであるビットコインは、これまでの国際間送金に比べ圧倒的に早いスピードで送金ができることが特徴とされていますが、そのビットコインとライトコインを比較してみると、ライトコインの特徴がよくわかるでしょう。ビットコインの場合、送金に10分程度の時間がかかりますが、ライトコインはその1/4の時間で済みます。つまり、10分のビットコインと2.5分のライトコインということで、この差は歴然です。投資の世界ではスピードが非常に重視されますし、買い物の決済においても、10分待つというのはなかなかに大変です。これまで10分待っていた人なら、2.5分で済めば早いと感じるでしょう。

魅力的だけれどリスクも存在する

日常生活で使うにはより早い方がいいと考えて、ビットコインのオープンソースを元にしつつ、ライトコインならではのメリットを生み出したことが、この通貨の最大の特徴と言えます。とはいえ、メリットばかりではないところは、仮想通貨の宿命でしょう。特にライトコインのメリットであるはずの時間短縮は、マイニングの難易度を低く設定していることから可能になっているため、ハッキングのリスクを高める結果となっています。時間短縮を重視した結果、ビットコインよりもハッキングしやすくなってしまっているところは、リスクを考える上でかなり重要項目となるでしょう。

まとめ

日常生活で使う分には、時短が求められる傾向が強いことから、スピードが速いライトコインは適しています。その一方で、スピードを出す仕組みそのものが、ハッキングのリスクを高めていることを理解し、取引するかどうかを決めることが大事です。